塾ノーバス-与野上木崎校

2017年度冬期講習

【難関公立高校志望者向け】学校選択問題の攻略法【英語編】

こんにちは。ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。
昨年度(平成29年度)公立高校入学試験から導入されました「学校選択問題制度」とその攻略法について書きたいと思います。
前回は数学について書きましたが、今回は英語です。学校選択問題の概略と数学に関してはこちらを参照してください。



○「学校選択問題」英語の難易度は?

平成29年度まで実施されていた入試問題と比べますと、英文の単語数は30%ほど増え、英作文も従来のものよりも多い記述量を要求されていますが、71.9点という受験者平均点が示すように、数学に比べると取り組みやすい内容になっていました。

○難易度が低い=得点しやすい。しかし、「合格のしやすさ」とはイコールではない

おそらくほとんどの方は、入試問題の難易度が平易であればあるほど嬉しく、難しければそれを歓迎しないと思います。特に、その教科が苦手であればなおさらのこと。
しかし、入試の世界では、上記のような捉え方は誤りなのです。苦手な教科であればあるほど、問題の難化は歓迎すべきことで、逆に易化した方が不利に働きます。嘘のように聞こえますよね?でも、本当なんです。

学校選択問題の数学は、受験者平均点が約45点でした。難しい内容でしたが、計算問題や僅かでしたが平易な問題も出題されました。ですから、いくら数学が苦手とは言え25点を切った受験生は殆どいないと推測されます。また70点以上を叩いた受験生も全体の1割程度でしょう。あくまで推測ですが、35〜55点の幅に大多数の受験者が密集していたと考えられます。つまり「余裕で合格する層」を除けば、得点差は20点程度しかつかないわけです。

平均点の高い英語の場合はどうでしょう?問題内容の詳細は後述しますが、昨年度の英語の試験内容は、英検準2級を取得しているレベルの生徒であれば90点近くとれる内容ですし、満点をとっていたとしても驚きはしない内容なのです。全体的に分量は多いのですが、英文レベルは例年並みで、設問内容も奇をてらったものはありませんでした。ただし、英語を苦手とする生徒は英文処理が追い付かず、60点程度に留まってしまうだろう、という内容でした。60〜90点の幅に大多数の生徒が分布していたと推測できる平均点と内容ですので、得意不得意、出来た出来なかったで得点差は30点生まれてしまったのです。それから些細なミスもハイスコア勝負の場合は致命傷になります

模試の場合と違い、入試本番と言うのは「合計点」で合否が決まります。苦手な科目は、「得点差を如何に広げられないか」が合格の鍵になります。以上の観点から平易な問題のときの方が得点差がつきやすく、その科目が苦手な場合、不利になってしまうのです。

余談ですが、20年ほど前の東大の入試では、数学が0点でも合格できました。なぜかと言えば、問題が難しすぎて0点が続出し、数学が得意な受験生でも40%も得点できれば十分、という問題内容だったからです。ですから当時は、数学は完全に捨てて、英語、社会、国語を徹底的に勉強する、という受験生は珍しくありませんでした。もっとも、最近は最低でも20%は得点しないと合格は難しいのですが。

○問題分析

大問1 リスニング

全受験生共通の問題でした。難易度も平年並みでしたので、過去問題で対策すれば十分です。

大問2 対話文

こちらも共通の問題でしたが、通常の入試問題では大問4での出題でした。形式も例年出題されていた対話文と同様で、北辰テストでも同様の形式で出題されています。

大問3 スピーチ文

英語の得意不得意で大きく差がつく問題です。英文量、構文ともに「やや」難しいという程度ですが、英語が得意な生徒(英検準2級以上取得者)であれば難なく乗り越えれるのですが、英語が苦手だと乗り越えるのが困難、という文章でした。苦手な生徒はここで時間も食って(なおかつ正答率も芳しくない)、最後の英作文を時間足らずで終えてしまったでしょう。設問として英語が得意な生徒でも難しく感じるだろう、という問題は2問(合計7点)ありましたが、合格者平均を目標とするならば落としても差支えのない問題です。このうちの一問は英文整序の問題でしたが、この問題のみ教科書内容を逸脱した文法知識を問う問題でした。

大問4 英作文

従来の入試は英文を5文(単語数問わず)を書かせる問題でしたが、40語以上から50語程度という指定でした。また書く内容に関しても自由度が大きいゆえに、受験生が論理的な構成になるように考えなければなりませんでした。何となく書き始めると、途中で書けなくなってしまったり、内容が非論理的になってしまったりします。事前に日本語で内容を構成してから英文に落としていくのが得策でしょう。

○具体的な対策――速読力と記述力の養成を

いかに英文を手際よく処理できるか、に尽きます。英文を速く読めるようになるには、まず第一にボキャブラリーを出来る限り増やすことです。知らない単語、熟語に出くわすだけで、読むスピードは一気に低下します。また忘れてしまった単語の意味を思い出すことに神経を使い過ぎてしまうと肝心の英文内容が頭に入ってきません。中学校3年生でボキャブラリーが弱点の生徒は、単語帳を使って増やしておきましょう。単語帳はいくつも種類がありますが、CD付きのものを選ぶようにして下さい。
いくつかお薦めのものを紹介しておきます。
『例文で覚える中学英単語・熟語1800』
『キクタン』

中1、2年生の生徒で難関校を目指す生徒は英検受験をお勧めします。英検を取得することで入試で加点もされますが、英検の勉強の中で自然とボキャブラリーは増えていきます。中学校2年生の冬までに3級を取得、3年生の初夏に準2級を取得できるのが理想です。
次に必要なのは速読力です。速読力を鍛えるにはとにかく英文を多読する必要があるのですが

『本多式 中学英語マスター 速読長文』
『速読英単語』

の2冊が自習教材としてお薦めです。

最後に英作文ですが、埼玉県の過去問のみに留まらず、あらゆる種類の英作文の問題に触れて下さい(昨年度と傾向が変わる可能性もじありますから)。教室には全国の公立高校入試の過去問題があるので十分な練習ができます。そして書いた作文は、学校の先生でも塾の先生でもいいので、必ず添削して貰いましょう。こちらも速読同様、練習量が点数に直結してきます。
以上のように対策して、「学校選択問題」とは言え、80点以上を目標にしましょう。英語は勉強量がそのまま点数に直結しますし、「学校選択問題」の数学のように70点が得点できる限度ということはありません。80点をとれるレベルの生徒がさらに勉強を重ねれば90点を目指すことができます。


学校選択問題に関する質問、または対策に関するご相談は
TEL 048−835−3313 担当 はせがわ
まで、お気軽にお問合せ下さい。











入試・勉強の役立ち情報 [2017-11-02]

<< 次のページ 前のページ >> 一覧を表示

受験生向け本物個別の冬期講習

重要なお知らせ

【大原中 木崎中】テスト対策授業のお知らせ【参加無料】

お知らせ画像

ノーバス与野上木崎校では各中学校の期末テストに向けた対策授業を実施します。よい結果を残して良い気分でクリスマスとお正月を迎えましょう。そして3年生はこの期末テストの結果で内申点が確定します。「受けるからには良い点数を取りたい!」「家ではやる気が起きないけど、何とかしたい!」「点数を伸ばしたいけれど、何から手をつけていい...

[2017-11-08]

最近のお知らせ

定期テスト対策 国語の勉強法

お知らせ画像

こんにちは。ノーバスの沙魚川です。今日は国語の定期テストの勉強法を伝授致します。いまいち勉強の仕方がわからない、国語なんてセンスでしょ、と言われることが多い教科ですが、定期テストだけに限定するならば誰でも短期的に成果を上げることができます。※ただし、入試問題への対応となると読解のセンスが必要です。センスを養うためには読...

[2017-11-18]

【難関公立高校志望者向け】学校選択問題の攻略法【英語編】

お知らせ画像

こんにちは。ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。昨年度(平成29年度)公立高校入学試験から導入されました「学校選択問題制度」とその攻略法について書きたいと思います。前回は数学について書きましたが、今回は英語です。学校選択問題の概略と数学に関してはこちらを参照してください。○「学校選択問題」英語の難易度は?平成29年度まで...

[2017-11-02]

【難関公立高校志望者向け】学校選択問題の攻略法【数学編】

お知らせ画像

こんにちは。ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。昨年度(平成29年度)公立高校入学試験から導入されました「学校選択問題制度」とその攻略法について書きたいと思います。○学校選択問題制度とは?数学と英語の2教科に関して、希望する高等学校は受験生に対して通常よりも難易度の高い問題を受験生に対して課すことができる制度です。下記の...

[2017-10-24]

お知らせ一覧

RSS1.0RSS-更新情報

塾長紹介

沙魚川(はせがわ) 徹塾長画像
個別指導塾ノーバス
与野上木崎校

塾長 沙魚川(はせがわ) 徹

基本情報

330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎4-3-16ナッツビル2F

048-835-3313

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

<< >>

トピックス

  • 本物個別の冬期講習
  • 私立中高学校情報ガイド
  • 本当の個別指導塾とは?

携帯版与野上木崎校

QRコード

与野上木崎校メニュー

お問い合わせ・資料請求

校舎一覧

  • 塾 東京
    • 塾 王子
    • 塾 荏原町 中延
    • 塾 馬込
    • 塾 西武柳沢
    • 塾 東久留米
    • 塾 小平
  • 塾 千葉
    • 塾 武蔵小杉
    • 塾 センター北
    • 塾 大船
  • 塾 埼玉
    • 塾 北浦和
    • 塾 南浦和
    • 塾 武蔵浦和
    • 塾 与野 上木崎
    • 塾 与野本町
    • 塾 越谷
    • 塾 北越谷
    • 塾 岩槻
    • 塾 大宮
  • 塾 千葉
    • 塾 松戸
    • 塾 稲毛
    • 塾 我孫子
    • 塾 幕張
  • 塾 栃木
    • 塾 宇都宮
  • 塾 茨城
    • 塾 つくば学園の森
    • 塾 つくば大穂
  • 塾 山梨
    • 塾 甲府
  • 塾 愛知
    • 塾 半田宮池
  • 塾 大阪
    • 塾 千林

資料請求

ページ上部へ戻る

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業