塾ノーバス-与野上木崎校

お知らせ

RSS1.0RSS-更新情報

大原中テスト対策〜社会編〜

こんにちは。
ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。

今日は大原中学校の社会の定期テストの勉強で絶対やっておきたいポイントをまとめたいと思います。


○1年生


地理の勉強は必ず地図帳を用意して行って下さい。教科書の太字を覚えるだけではなく、地図帳を見て必ず位置を確認してくださいね

そして今度のテストで点数差がつくのは気候区分です。熱帯雨林気候、ステップ気候、地中海性気候などこれらの用語だけ覚えても点数にはなりません。@気候の特徴 A雨温図の特徴 B代表的な国や地域 この3点をセットにして覚えていくことがコツです。歴史に関しては範囲が少し狭いため、突っ込んだ内容を聞かれる可能性もあります。ワークの記述問題はそのまま出題されることも多いので解答を覚えてしまうようにしましょう。

○2年生

中間テストに引き続き歴史からの出題です。天下統一の単元がメインの出題となります。事件やそれが起こった年号を覚えていくのはもちろん重要ですが、これだけでは歴史の点数は伸びません。
今回のテストの場合、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人の戦国武将が行った政策をしっかり押さえましょう。そしてそれぞれの政策の狙い(政策を行った理由)は記述問題で問われやすいので、これがわかっていると周りと差がつけられます。
江戸幕府が行った政策に関しても同様です。なぜおこなったのか? 行ってどうなったのか? 用語だけを覚えようとするのではなく「なぜ? なんのために? どうなったのか?」ということをセットにして覚えることで実戦で使える知識になっていきます


○3年生

第一次世界大戦、第二次世界大戦が丸々テスト範囲となっております。意識して欲しいのは日本と各国の関係の変化です。現代史まで範囲が及んでいるので覚える事項は多くなります。
戦争ばかりに意識が行ってしまいがちですが、戦争の前には必ず外交があります。外交とは国と国との間で行われる互いの国の利益調整です。まずは政治家同士の話し合いでそれを行おうと努めます。そしてそれでうまくいかなった時に国と国は戦争をします。決して「あの国が嫌いだから」という理由で行うわけではありません。ですから開戦が起こるまでのプロセスが重要なのです。そしてテストに出題されるのは、プロセスとプロセスの因果関係であったり、プロセスの順番です。教科書の太字だけを覚えても点数の底上げはできません。もし君が社会の点数に伸び悩んでいるなら、プロセスを意識した勉強を行って下さい。

社会はどの学年も範囲全てから満遍なく出題されますですからヤマを張ったりできませんし、ここだけ勉強すれば○○点とれるという科目ではありません。そして範囲も広いです。重要なのはノートをまとめたり知識を整理したりするときの意識の仕方です。意識を変えるだけで得点力は大きく変わってきます。
ノーバスでは得点力を強化を目的とした意識を変えて貰うための対策プリントを用意しています。計画的に勉強を進めていけば範囲の広い社会でも心配することはありません。しっかりプリントをやりきってテストに臨んで欲しいと思います。


塾からのお知らせ [2017-06-24]

大原中学校の定期テスト対策〜理科編〜

こんにちは。
ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。

今日は大原中学校の理科の定期テストの勉強で絶対やっておきたいポイントをまとめたいと思います。



○1年生



「光合成」「呼吸」この2つの単元が出題されるメインになると予想されます。「光合成」の仕組みを覚えなければいけないのはもちろんですが、実験に関する問題が必ず出題されます。「呼吸」も同様に実験に関する問題が必ず出題されます。
実験問題で出題される内容は@実験手順A実験結果B実験結果からわかることの3つです。
学校の授業で扱った実験は100%出ると思って準備をしてください
学校のワークの問題とノーバスの自習プリントさえやっていれば完答できるようになります。「植物の分類」も出題される問題の形式は3パターン程しかありません。知識を整理したうえで問題演習をこなしていけば得点源になるのでしっかり練習しましょう。


○2年生

「金属の酸化」「酸化還元反応」の2つがどれだけ理解できているかが勝負の分かれ目です。まず最低限の化学反応式を暗記しましょう。

銅の酸化
2Cu+O2 → 2CuO
マグネシウムの酸化
2Mg +O2 → 2MgO
炭素の使った酸化銅の酸化還元反応
2CuO+C → 2Cu + CO2
水素を使った酸化銅の酸化還元反応
CuO+H2 → Cu + H2O


計算問題を無視しても暗記だけで70点は得点できます
80点以上を目指す人は金属の酸化による質量変化の問題に挑戦してみましょう。学校では授業でほとんど扱わない内容ですが、入試でも頻出の問題ですノーバスではこの単元の練習プリントを用意しています。学校のワークよりも基礎的な内容なので、プリントで練習してから学校のワークの問題に挑戦するとよいでしょう


○3年生

理科が苦手な人は生物分野の「細胞」の単元で点数を稼ぎましょう。教科書の太字をまず覚え、頻出の細胞分裂のプロセス細胞観察の問題を抑えておきましょう。これだけできれば30点は計算できます。化学分野の中和の問題は苦手な人が多いですが、この単元も出題される問題は決まっています

(酸性の物質)+(アルカリ性の物質) → (塩)+(水

この知識と代表的な化学反応式を覚えていれば20点は計算できます。そして中和の実験問題も必ず出題されます。BTB溶液の色や実験器具の名称、実験手順、実験結果。これらも覚えてしまえば問題なく得点できます。実験問題は10点分は出るでしょう。これらをかき集めていけば理科が苦手でも60点は計算できます
理科の自習プリントはこの60点をとるために必要な知識を定着させるために用意しました
基本はOKという子は80点以上を目指すために計算問題中心のようようプリントも準備してあるので声をかけて下さい以上を参考にしてテストに向けて準備しましょう。

ノーバスではこれらを踏まえたテスト対策を行っています。
塾生以外も自習室を利用して対策ができますので、点数の伸び悩んでいる子や何から手をつけていいかわからない子はどんどん利用してくださいね。

 [2017-06-14]

大原中学校の定期テスト対策〜英語編〜

こんにちは。
ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。

今日は大原中学校の英語の定期テストの勉強で絶対やっておきたいポイントをまとめたいと思います。

○1年生

1年生の中間テストはアルファベットや単語が中心でしたが、期末では文法の知識の理解度が問われます。
穴埋め問題や並び替え問題はもちろんよく出てくるのですが、自分の自己紹介を英語でしなさい(ある人物の自己紹介を英語で書きなさい)という英作文の問題が大原中学校ではよく出ています。


I am Toru Hasegawa.
I am thirty years old.
I like Eiglish.
などと解答します。
英作文というと難しそうですが、自己紹介で使う英文は限られているので、形を覚えてしまえば確実に点数が取れます。

また1年生のうちは、アルファベットの書き方、ピリオド、クエッション・マーク、コンマなど細かな点に先生も目を光らせ、書き方が雑だったり抜けがあったりすると容赦なく減点をします。気を付けて回答しましょう。



○2年生

今の2年生の英語の問題は、他の学年と違って英単語を暗記さえしていれば得点できる問題の出題が少ないことです。筆記問題は、文法問題、作文問題、長文問題を中心に出題され、本質が理解できてないと高得点が難しい傾向にあります。とは言え文法問題は基本的な内容です。また作文問題も学校のワークから同様の問題も出題されています。
この2つに関してはワークを反復することで十分に対策できます。
長文に関しては、教科書に準拠した内容も出題されますのでテスト範囲の英文を何度も何度も音読し、覚えてしまうくらいにしましょう。

○3年生
3年生は中間試験の中で、1、2年生の文法の総復習問題が出ました。期末でも出題される可能性が極めて高いです。
広い範囲の中から出題されますが、基本的な問題ばかりなので確実に点数が欲しい問題です。
そして昨年に引き続き、英語の歌詞の暗唱問題、クロスワード式の単語問題が出題されています。暗記さえしっかりできれば完答できる問題です。取りこぼしの内容にしたいですね。


また全学年に共通して、授業中に配布される問題プリントからの出題があります。
主に長文問題(中1は4〜5行の英文)が抜粋され、設問を少し変えて出題しています。
長文問題なので難しそうに見えますが、予め英文の日本語訳が頭に入っていれば解ける問題の数は多くなってきます
また英文を音読することで、穴埋め問題や並び替え問題にも対応できるようになります。


ノーバスではこれらを踏まえたテスト対策を行っています。
塾生以外も自習室を利用して対策ができますので、点数の伸び悩んでいる子や何から手をつけていいかわからない子はどんどん利用してくださいね。

塾からのお知らせ [2017-06-13]

勉強計画の立て方と計画作成会のお知らせ

こんにちは。ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。


期末テストが近付いて来ました。特に大原中は修学旅行の関係もあって例年よりも実施日が早く、週が明けるとテストまで残り2週間です。


ノーバスでは以下の要領で勉強計画作成会を実施します。


日時:

6月10日、17日(土) 

16:30〜 or  18:30〜 2時間程度です。




概要:

10日(土)は数学、英語を中心に計画を立て、17日(土)は全科の計画を立てます。


持ち物:

テスト計画表※各学校で配布されるものを持ってきてください。

各教科のワーク、教科書 ※計画を立てる際に必要となりますので必ず持ってきてください。


参加費は無料です。



具体的には以下のステップで計画を立てていきます。



 


ステップ@目標と行動リストを立てる



スケジュール管理で最も大切なことは、目標(得たい結果)とそのために必要な行動リストを立てることです。


 例えば、前回の順位が50位だっととして、今回は40位以内に入りたい。そのために全ての教科を5点ずつアップさせる。これは目標です。


 まずはこの目標を明確に決めましょう


当たり前ですがゴールを決めなければ、計画など立てようがないです。

次に、そのゴールを達成するための行動リストを立てます。


 例えば国語のテストの場合、前回のテストでは、音読を5回、漢字のワークを3回、問題集の暗記を3回行ったとします。これで60点を取ったとします。


前回と同じ行動を取ったとしても、点数は上がりません

そこで今回は、目標を達成するために(国語のテストで5点アップするために)音読を10回、漢字のワークを4回、問題集の暗記を3回行う。これが行動リストです。


 これを全ての教科で立てていきます。



 


ステップAここまでに課題を終わらせるという基準を作ろう



計画の立て方で失敗してしまう中学生は、テスト直前になっても課題をやらないといけない状況になってしまう子が多いです。


 これを防ぐには、あらかじめここまでに課題を終わらせておくという日にちを決めておくべきです。


 テストの10日前までに課題を終わらせたいのであれば、そこに目印となる印をつけておきます


 これでテスト直前になって課題が終わっていないという状況を回避することが出来ます。




ステップBテストの前日から予定を入れていく



人によって1日に勉強できる時間は異なると思います。


1日1時間が限界の人もいれば、5時間できる人もいます。


 ここでは仮に1日3時間勉強できる人を例にして説明していきます。


 1日3時間であれば、1日3教科勉強できます(1教科1時間を目安に計画を立てるとはかどりやすいです)


仮に数学のやることリストが、教科書の問題の復習を2回、学校の問題集の復習を3回だとします。教科書の復習は1回2時間かかるとして、問題集の復習は1回3時間かかるとします。すると合計2×2+3×3=13時間かかります。


 数学は毎日勉強するとしても、最低13日かかるわけです。これをスケジュール帳に書き込んでいきます。

全ての教科でこの作業を行うわけです。




 ステップCできた分を消していく



勉強スケジュールを立てたら、実践していくわけですが、ここで大切なポイントがあります。それは、終わったスケジュールは一つずつ消していくということです。


 こうすることで、目標達成までにあとどれくらいかがわかるからです。


またサボってしまった日は、消すことができないので、翌日にやらないといけないという意識に繋がります。逆に頑張れた日は、翌日の分の計画を消すことができるので、充実感が得られます。これをテストまで続けましょう。


ただし、予想していた以上にスケジュールがタイトだったり、予想していなかった都合が発生してしまったりで、計画をこなすことができないケースが出てきます。おすすめの方法としては、予定調整日を設けておくと消化不良になりません。消化不良になってしまうと焦りばかりがでてきたり、やる気がなくなったりして逆効果です




次に計画を立てる際のポイントをアドバイスします。



ポイント@計画は勉強時間ではなくやるべき量をもとに逆算する



勉強計画を立てる際は時間ではなく勉強量をベースにします。


〇〇日の18時〜19時に数学を勉強するではなく、「学校のワークのp48〜51をやる」という具合に計画を立てていきます


当たり前のことですが、机に1時間向かったことがテストの点数を上げてくれるわけではありません。実際に手を動かして考えて覚えることのできたこと、できるようになったことが増えないと点数は伸びません。


例えば学校のワークをテスト範囲分2周しようと目標を立てます。テスト範囲が30ページあったとすると、これを2周するということは60ページ分勉強しないといけないわけです。これを1時間でワーク4ページ進めることができる生徒であれば15時間必要となります。6ページ進めることができる生徒ならば10時間必要となります。これをテスト前の勉強スケジュールに当てはめていきます。



ポイントA目標点に応じた勉強内容を考える



勉強計画は量をベースに立てていきますが、例えばワークの全ての問題をやる必要はありません。目標点に応じて割愛して下さい(ただし、提出のために解答を見て赤で書いてください)。


多くの問題集は「基礎」「標準」「応用」「発展」と問題が分かれています。


目標点が平均点前後の場合、全部の範囲を2周するよりも「基礎」「標準」の問題だけを3〜4周した方が目標点に達する可能性は高くなります。


また普段から75点はとれていて80点以上を目指そうという生徒ならば「基礎」問題は1周目のみにして「応用」「発展」を3〜4回解き直す計画を立てた方が効率的に目標に近づけます。



ポイントBできた計画は必ずチェックして貰う。または相談しながら計画を立てる



いつもいいテスト結果を残すことができている、という人ならば自分一人で計画を立ててその通り実行してください。それで問題はありません。


しかし思うような結果ができていない生徒は必ず作った計画を誰かに見てもらいましょう。


計画を立てて成果がでないのであれば、計画通りに出来ていなかったか、計画そのものが悪かったか、のどちらかでしかないのです


ですから今回こそは自分が満足できるだけの結果を出したいという人こそ、計画を立てることに労力を費やして欲しいと思います。



勉強時間は確保しているのに成果はでない、という生徒は、勉強が場当たり的になっていて、目標点に応じた勉強内容ができていないことが多いです。例えばワークの発展問題に悩むだけで1時間過ごしたりしていませんか? その1時間は決して無駄ではないですが、短期的に成果を上げたいのならば、よく出る応用問題をその時間で2〜3回解き直した方が遥かに有意義な時間になります。


しかしその判断が難しいとも思います。だからこそ、計画を立てる際に必ずアドバイスを仰いでくださいね




勉強計画作成会は塾生以外も参加できます。


ご希望の方はお問い合わせください



TEL 048-835-3313 担当 はせがわ 


 [2017-06-09]

<< 次のページ 前のページ >> 一覧を表示

塾長紹介

沙魚川(はせがわ) 徹塾長画像
個別指導塾ノーバス
与野上木崎校

塾長 沙魚川(はせがわ) 徹

基本情報

330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎4-3-16 ナッツビル2F

048-835-3313

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

<< >>

トピックス

  • 本物個別の夏期講習
  • 私立中高学校情報ガイド
  • 本当の個別指導塾とは?
  • ノーバスの移行措置対策!

携帯版与野上木崎校

QRコード

与野上木崎校メニュー

お問い合わせ・資料請求

校舎一覧

  • 塾 東京
    • 塾 王子
    • 塾 荏原町 中延
    • 塾 西武柳沢
    • 塾 東久留米
    • 塾 小平
  • 塾 千葉
    • 塾 武蔵小杉
    • 塾 センター北
    • 塾 大船
  • 塾 埼玉
    • 塾 北浦和
    • 塾 南浦和
    • 塾 武蔵浦和
    • 塾 与野 上木崎
    • 塾 与野本町
    • 塾 越谷
    • 塾 北越谷
    • 塾 岩槻
    • 塾 大宮
  • 塾 千葉
    • 塾 松戸
    • 塾 稲毛
    • 塾 我孫子
    • 塾 幕張
  • 塾 栃木
    • 塾 宇都宮
  • 塾 茨城
    • 塾 つくば学園の森
    • 塾 つくば大穂
  • 塾 山梨
    • 塾 甲府
  • 塾 愛知
    • 塾 半田宮池
  • 塾 大阪
    • 塾 千林

資料請求

ページ上部へ戻る

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業