塾ノーバス-与野上木崎校

お知らせ【入試・勉強の役立ち情報】

RSS1.0RSS-更新情報

定期テスト対策 国語の勉強法

こんにちは。ノーバスの沙魚川です。


今日は国語の定期テストの勉強法を伝授致します。


いまいち勉強の仕方がわからない、国語なんてセンスでしょ、と言われることが多い教科ですが、定期テストだけに限定するならば誰でも短期的に成果を上げることができます。


※ただし、入試問題への対応となると読解のセンスが必要です。センスを養うためには読書習慣をつけることが最も確実な方法です。



私も中学時代国語が苦手で中1、2年生のときは70〜80点程の点数に留まっていたのですが、中3になって以下の方法で勉強した結果、安定して90点以上の点数がとれるようになりました。




【ステップ@ 20点⇒40点】




中学校の国語の定期テストの勉強には段階があります。

現在30点以下の中学生は、まず漢字練習から始めましょう


 また普段平均点前後はとれている生徒も漢字で取りこぼしていることは多いです。漢字は是非全問正解して貰って点数を底上げして下さい。


中学1年生のテストにも2年生のテストにも必ずテスト範囲には必ず漢字が入っていると思います。ここを完璧にして下さい。


多くの学校で漢字は10〜30点ほどのウェイトを占めています。

ただ覚えるだけで点数が取れる漢字は、やらないと損です。


また作者作品名などの知識問題も覚えないと損です。


漢字を覚えるときのコツとして、読みと書きの両方を覚えると良いです。


これは定期テストでも入試問題でも同じです。




【漢字を覚えるときのポイント】


@単語カードを使う



漢字ドリルなどを見ながら直接ノートに書いて覚えていくのもいいですが、単語カードを使って覚えていくと、より効率的より短時間で覚えられます。カードを作るときに気を付けてほしいのは、テスト範囲の漢字をそのまま全てカードにしないことです。一度ドリルを解いてみて書けなかったものだけをカードにしてまとめて下さい。



A書くよりもテスト



ひたすらノートに書いて覚えていくのもいいですが、1度書いたらすぐにテストをして、できなかった漢字のみもう一度書いて再びテスト。こういったリズムで勉強したほうが早く覚えられます。




教科書の音読をすると国語の点数がアップする!



【ステップA 40点⇒60点】



勉強時間を割いているのになかなか成績が上がらない。そんな生徒に多いのが、音読をしていないという特徴です。



国語のテストって、


1.次の文章の( )に当てはまる接続詞を答えなさい。

2.次の文章の( )に当てはまる言葉を書きなさい。

という問題が結構出ると思います。


この問題を解くための最も簡単な方法は、頭の中に教科書の文章をそのまま叩き込むことです。


頭に入れる上で最も簡単な勉強法は音読です。

騙されたと思って毎日のように音読をしてみてください。テスト範囲の文章すべてを音読しても1日30分はかかりません。


60点までは簡単に点数を上げられますよ。


ただしこの方法は中間テストと期末テストでしか使えない方法で、高校入試の場合は若干勉強方法が異なりますので、注意して下さい。




【音読をするときのポイント】




@毎日の積み重ねで音読をする



音読をするときのポイントは、長期的に計画を立ててやっていくことです。

1日10回を3日間かけて30回音読するのではなく、1日2回を15日間かけて30回音読したほうが、頭に入りやすいです。



A黙読ではダメな理由



音読が嫌いな中学生の場合、どうしても黙読をしようとしてしまうのですがこれはダメです。なぜなら黙読は目しか使わないので頭に残らないからです。音読は口と耳も使うのでより記憶に残りやすくなります!



中学校の国語の問題集を覚えると点数がアップする!



【ステップB 60点⇒80点】



教科書の文章を音読したら、ある程度は頭の中に本文が入っていると思います。



ただ、次のような問題…

3.下線部の言葉について作者の考えに近いものを、

次のア〜エの中から選び、記号で答えなさい。

こんな問題が出るかと思います。



定期テストでは、こういう問題が当たり前に出るのですが、私はこういった問題を見るといつも思うことがあります。


作者の気持ちなんて作者にしかわからないですよ!!と。笑


実はこの問題は先生が考えているのではなく、プリントや問題集からそのまま持ってきています。

※先生が作者の気持ちを理解できたらすごいですしね。



ですから、プリントや問題集の答えをそのまま覚えることで、簡単に解けてしまいます。

これで80点までは点数を上げられます。




【学校の問題集を解く時のポイント】



@覚えるのではなくやり方をマスターする



学校の問題集の答えを覚えましょう!と言うと、どうしても答えをそのまま覚えてしまう子がいます。しかしこの方法を使っても点数は上がりません!答えを覚えるのではなくきちんとやり方や理由まで覚えましょう。


A1回で覚えられると思ったら大間違い!



よく「1回問題を解いたのですが覚えられない」と悩んでいる中学生がいるのですがこれは当たり前です。人間と言うのは繰り返し繰り返し問題集を解くことでようやく頭に入るようになります。最低3回解きましょう!





文法問題と長文読解力をアップさせて高得点を狙おう!



【ステップC 80点⇒95点】



もしあなたが国語の定期テストで、どうしても90点以上を狙いたいと思ったら、何でも良いので問題集を1冊購入してきてください。塾で配布している練習プリントをやり込んでも構いません。


その問題集を使って文法問題と長文読解力を付けていくと一気に90点を超えられるようになります!


基本的に中学国語の定期テストと言うのは、学校で習ったところから出題されます。

ステップ1からステップ3の方法を実践すれば、学校で習ったところは完璧にマスターできるのです。


その勉強に加えて、ステップ4の勉強方法で、文法を解く力と長文を解く力の応用力を付けていくことで、一気に90点の大台に乗せることが可能になります!


特に、品詞の分類や倒置法などの活用技法は、学校の問題集を1度解いただけで、すぐに理解できるものではありません


他の問題集の練習問題をしっかりと解いていくことで、初めて解き方の根本的な考え方が理解できるので、できるだけこの勉強方法で応用力を付けてください。


また文法力と長文読解力は、大学入試にもつながる力ですので、今しっかりやっておいても損はないと思います!



入試・勉強の役立ち情報 [2017-11-18]

【難関公立高校志望者向け】学校選択問題の攻略法【英語編】

こんにちは。ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。
昨年度(平成29年度)公立高校入学試験から導入されました「学校選択問題制度」とその攻略法について書きたいと思います。
前回は数学について書きましたが、今回は英語です。学校選択問題の概略と数学に関してはこちらを参照してください。



○「学校選択問題」英語の難易度は?

平成29年度まで実施されていた入試問題と比べますと、英文の単語数は30%ほど増え、英作文も従来のものよりも多い記述量を要求されていますが、71.9点という受験者平均点が示すように、数学に比べると取り組みやすい内容になっていました。

○難易度が低い=得点しやすい。しかし、「合格のしやすさ」とはイコールではない

おそらくほとんどの方は、入試問題の難易度が平易であればあるほど嬉しく、難しければそれを歓迎しないと思います。特に、その教科が苦手であればなおさらのこと。
しかし、入試の世界では、上記のような捉え方は誤りなのです。苦手な教科であればあるほど、問題の難化は歓迎すべきことで、逆に易化した方が不利に働きます。嘘のように聞こえますよね?でも、本当なんです。

学校選択問題の数学は、受験者平均点が約45点でした。難しい内容でしたが、計算問題や僅かでしたが平易な問題も出題されました。ですから、いくら数学が苦手とは言え25点を切った受験生は殆どいないと推測されます。また70点以上を叩いた受験生も全体の1割程度でしょう。あくまで推測ですが、35〜55点の幅に大多数の受験者が密集していたと考えられます。つまり「余裕で合格する層」を除けば、得点差は20点程度しかつかないわけです。

平均点の高い英語の場合はどうでしょう?問題内容の詳細は後述しますが、昨年度の英語の試験内容は、英検準2級を取得しているレベルの生徒であれば90点近くとれる内容ですし、満点をとっていたとしても驚きはしない内容なのです。全体的に分量は多いのですが、英文レベルは例年並みで、設問内容も奇をてらったものはありませんでした。ただし、英語を苦手とする生徒は英文処理が追い付かず、60点程度に留まってしまうだろう、という内容でした。60〜90点の幅に大多数の生徒が分布していたと推測できる平均点と内容ですので、得意不得意、出来た出来なかったで得点差は30点生まれてしまったのです。それから些細なミスもハイスコア勝負の場合は致命傷になります

模試の場合と違い、入試本番と言うのは「合計点」で合否が決まります。苦手な科目は、「得点差を如何に広げられないか」が合格の鍵になります。以上の観点から平易な問題のときの方が得点差がつきやすく、その科目が苦手な場合、不利になってしまうのです。

余談ですが、20年ほど前の東大の入試では、数学が0点でも合格できました。なぜかと言えば、問題が難しすぎて0点が続出し、数学が得意な受験生でも40%も得点できれば十分、という問題内容だったからです。ですから当時は、数学は完全に捨てて、英語、社会、国語を徹底的に勉強する、という受験生は珍しくありませんでした。もっとも、最近は最低でも20%は得点しないと合格は難しいのですが。

○問題分析

大問1 リスニング

全受験生共通の問題でした。難易度も平年並みでしたので、過去問題で対策すれば十分です。

大問2 対話文

こちらも共通の問題でしたが、通常の入試問題では大問4での出題でした。形式も例年出題されていた対話文と同様で、北辰テストでも同様の形式で出題されています。

大問3 スピーチ文

英語の得意不得意で大きく差がつく問題です。英文量、構文ともに「やや」難しいという程度ですが、英語が得意な生徒(英検準2級以上取得者)であれば難なく乗り越えれるのですが、英語が苦手だと乗り越えるのが困難、という文章でした。苦手な生徒はここで時間も食って(なおかつ正答率も芳しくない)、最後の英作文を時間足らずで終えてしまったでしょう。設問として英語が得意な生徒でも難しく感じるだろう、という問題は2問(合計7点)ありましたが、合格者平均を目標とするならば落としても差支えのない問題です。このうちの一問は英文整序の問題でしたが、この問題のみ教科書内容を逸脱した文法知識を問う問題でした。

大問4 英作文

従来の入試は英文を5文(単語数問わず)を書かせる問題でしたが、40語以上から50語程度という指定でした。また書く内容に関しても自由度が大きいゆえに、受験生が論理的な構成になるように考えなければなりませんでした。何となく書き始めると、途中で書けなくなってしまったり、内容が非論理的になってしまったりします。事前に日本語で内容を構成してから英文に落としていくのが得策でしょう。

○具体的な対策――速読力と記述力の養成を

いかに英文を手際よく処理できるか、に尽きます。英文を速く読めるようになるには、まず第一にボキャブラリーを出来る限り増やすことです。知らない単語、熟語に出くわすだけで、読むスピードは一気に低下します。また忘れてしまった単語の意味を思い出すことに神経を使い過ぎてしまうと肝心の英文内容が頭に入ってきません。中学校3年生でボキャブラリーが弱点の生徒は、単語帳を使って増やしておきましょう。単語帳はいくつも種類がありますが、CD付きのものを選ぶようにして下さい。
いくつかお薦めのものを紹介しておきます。
『例文で覚える中学英単語・熟語1800』
『キクタン』

中1、2年生の生徒で難関校を目指す生徒は英検受験をお勧めします。英検を取得することで入試で加点もされますが、英検の勉強の中で自然とボキャブラリーは増えていきます。中学校2年生の冬までに3級を取得、3年生の初夏に準2級を取得できるのが理想です。
次に必要なのは速読力です。速読力を鍛えるにはとにかく英文を多読する必要があるのですが

『本多式 中学英語マスター 速読長文』
『速読英単語』

の2冊が自習教材としてお薦めです。

最後に英作文ですが、埼玉県の過去問のみに留まらず、あらゆる種類の英作文の問題に触れて下さい(昨年度と傾向が変わる可能性もじありますから)。教室には全国の公立高校入試の過去問題があるので十分な練習ができます。そして書いた作文は、学校の先生でも塾の先生でもいいので、必ず添削して貰いましょう。こちらも速読同様、練習量が点数に直結してきます。
以上のように対策して、「学校選択問題」とは言え、80点以上を目標にしましょう。英語は勉強量がそのまま点数に直結しますし、「学校選択問題」の数学のように70点が得点できる限度ということはありません。80点をとれるレベルの生徒がさらに勉強を重ねれば90点を目指すことができます。


学校選択問題に関する質問、または対策に関するご相談は
TEL 048−835−3313 担当 はせがわ
まで、お気軽にお問合せ下さい。











入試・勉強の役立ち情報 [2017-11-02]

【難関公立高校志望者向け】学校選択問題の攻略法【数学編】

こんにちは。ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。
昨年度(平成29年度)公立高校入学試験から導入されました「学校選択問題制度」とその攻略法について書きたいと思います。


○学校選択問題制度とは?


数学と英語の2教科に関して、希望する高等学校は受験生に対して通常よりも難易度の高い問題を受験生に対して課すことができる制度です。下記の高校が「学校選択問題」を現状選択しています。こちらを受験する生徒とそれ以外の高校を受験する生徒は数学と英語が異なる入試問題を行うことになります。
さいたま市内では、浦和・浦和一女・市立浦和・浦和西・大宮。近隣の地区では、春日部・川口北・川越・川越女子・川越南・越ヶ谷・越ヶ谷北・蕨・和光国際などです。合格水準の偏差値が60以上のいわゆる進学校が選択しています。



○「学校選択問題」数学の難易度は?

上記の高校を受験した生徒が受けた入試ですので、受験者層の学力水準は非常に高いです。それにも関わらず受験者平均は43.2点でした。(通常の問題の平均点は44.4点です。)「学校選択問題」を選択する学校によって多少は前後しますが、55〜65点が合格するために必要な得点のラインになってきます。ですから非常に難易度の高い内容になっていて、中には過去に大学受験で出題された問題もありました(解の公式の証明問題、素数に関する整数問題)。50分の制約の中では、数学の教員やプロの講師でも満点はおろか90点をとるのは難しい内容でした。


○具体的な対策は?

難易度は多少変わる可能性はありますが、出題傾向はここ数年は変わらないはずです。以下大問ごとに攻略の方法や「得点しなければいけない問題」なのか「正解できると有利な問題」なのか、いわゆる「捨て問題」なのかも説明します。

大問1 計算問題、一行問題、数式の証明(配点45点)

計算問題が3問(×4点)は、計算が煩雑になるものですが、確実に得点したいです。一行問題も3問(×4点)出題。やや難易度は高いですが、受験の世界では度々見かけるタイプの問題ですから、これも確実に得点したいです。(7)は2次方程式の計算問題が@として出題(4点)。これは確実な得点が必要ですが、Aの解の公式の証明は、中学生にとっては困難な内容です(理系志望の大学受験生だったら出来て欲しい問題ですが)。(8)も(7)同様@Aで、@は平易な問題(配点4点)ですが、Aの証明問題は極めて難しい問題です。(7)(8)のAはともに「捨て問題」にしてしまって構いません。それ以外の32点を確実に得点することが合格への鍵になってきます。
計算問題や一行問題は普段から難易度の高いものに触れておく必要があります。教室にも対策できる問題集は何冊か揃えていますが、書店で購入できるものでお薦めなのは、最高水準問題集です。


大問2 応用問題集合(配点20点)

こちらは学校選択問題独自の問題ではなく、全受験生共通の問題になります。ですから極端に難易度の高い問題は出題されていません。ここで20点全てを拾うことができれば合格へぐっと近づきます。例年、作図が必ず1問出題され、それ以外は、関数、資料の活用、確率、平面図形、空間図形、方程式の文章題など、バラエティーに富んだ出題傾向が特徴ですが、図形問題の出題率がやや高いです。とくに図形の辺の長さ、角度の大きさ、面積、体積を求める問題が頻出なので、こちらも最高水準問題集や全国入試問題集のB問題などで対策して下さい。それから公立入試の過去問の大問2、北辰テストの過去問の大問2は最良の練習問題になります。解き方を覚えてしまうまで何度も何度も反復してください。


大問3、4 平面図形または空間図形 2次関数(配点35点)

2つの大問では、平面図形または空間図形から1題、2次関数と1次関数の融合問題から1題出題され、いずれも高度な思考力が要求されます。昨年は大問3で空間図形が出題されました。埼玉県の公立高校入試ではしばらく平面図形からの出題が続いていたためか、戸惑った受験生が多かったようです。難易度としては標準以上の内容ではありましたが、(1)(2)は公立高校入試の問題のレベルから逸脱したものではありませんので、「出題される」とわかった上で準備していれば得点出来ただろう問題です。しかし結果を見ると準備して臨めた受験生は少なかったと分析できます。「空間図形は断面で切って考えて、平面図形の問題に帰着させる」という空間図形の問題を解く基本姿勢さえあれば、ここで10点は稼げます。教室にある全国入試問題集には同様の考え方で解く問題が多く掲載されていますのでしっかり練習しましょう。関数の問題は、1次関数、2次関数の知識はもちろんのこと、平面図形との融合問題の形式で出題され、昨年度の問題だけではなく過去問題を見ても、全国の水準よりも難解な出題が埼玉県では出題されています。(裏を返せば、あまり得点差がつかず、合否への影響が小さいということです。)とは言え、学校選択問題の場合は全てを「捨て問題」にはできず、最低でも(1)は解く、という姿勢で臨んで下さい。(1)は標準よりもやや難しい、という程度の出題内容でしたし、しっかり受験勉強をしていれば、どこかで出くわす類の問題でした(配点は5点です)。
以上を積み重ねて大問3、4で15点を稼げれば十分に合格水準に達します。
昨年度の問題で言えば、いわゆる「数学的なセンス」や「閃き・発想」に頼らなくとも67点の点数が計算できるわけです。これだけ得点出来れば県立浦和、浦和一女、市立浦和、大宮(※理数科志願であればもうあと少し欲しいところ)でも、他教科で躓かなければ合格できます。大問ごとに必要な数学の知識は違いますが、「標準よりもやや応用」までの問題を確実にものにすることが必要で、そういった問題を多くこなし、「解法」や「アプローチの引き出し」を増やすことが、正しい受験勉強の戦略になります。必要以上に構えて取り組む必要はありませんし、「捨て問題」に多大な時間を割かずとも合格は出来るので、安心して下さい。
また「学校選択問題」を採択する高校の受験を考えている1、2年生の生徒は、定期テストの「見方・考え方」の問題で8割の得点を意識して勉強するとよいでしょう。


学校選択問題に関する質問、または対策に関するご相談は
TEL 048−835−3313 担当 はせがわ
まで、お気軽にお問合せ下さい。




入試・勉強の役立ち情報 [2017-10-24]

中間テストまで残り……

こんにちは。ノーバスの沙魚川です。

中間テストが迫ってきました、各学校日程は違いますが、おおよそ2週間前となります。
大原中では昨日全学年でテスト範囲表が配布されました。

□目標点、目標順位は決めましたか?

□テスト計画は立っていますか?
□学校のワーク(1週目)をテスト一週間前までに終えれる目途は立っていますか?

本日からさいたま市では運動部の新人大会が始まっています。練習や試合で勉強時間も確保しにくい時期ですが、大会に伴って学校が早く終わる日も続きますので、文武両立してコツコツ勉強を進めて下さい。
文化部の生徒も部活動があると思いますが、普段以上に勉強時間をつくれる期間ですので、これをチャンスと思ってしっかり貯金を作って下さい。
ノーバスでは中間テスト対策授業を予定していますが、当日までに必ず学校のワークを一周終え(まだ学校や塾の授業で扱ってない箇所はやらなくても大丈夫です)、プリント類も必ず一度は目を通したうえで参加してください。
この一週間の取り組み方でテスト結果は大きく変わってきます。「部活動で忙しいから、勉強できなくても仕方がないよね」と思って過ごすのと「忙しいからこそ短時間だけでも集中してコツコツやろう」と意識して過ごすのとでは大きな差が出てきます。後者の意識で、この一週間しっかり勉強していきましょう。



入試・勉強の役立ち情報 [2017-09-30]

<< 次のページ 前のページ >> 一覧を表示

受験生向け本物個別の冬期講習

塾長紹介

沙魚川(はせがわ) 徹塾長画像
個別指導塾ノーバス
与野上木崎校

塾長 沙魚川(はせがわ) 徹

基本情報

330-0071
埼玉県さいたま市浦和区上木崎4-3-16 ナッツビル2F

048-835-3313

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

<< >>

トピックス

  • 本物個別の冬期講習
  • 私立中高学校情報ガイド
  • 本当の個別指導塾とは?

携帯版与野上木崎校

QRコード

与野上木崎校メニュー

お問い合わせ・資料請求

校舎一覧

  • 塾 東京
    • 塾 王子
    • 塾 荏原町 中延
    • 塾 馬込
    • 塾 西武柳沢
    • 塾 東久留米
    • 塾 小平
  • 塾 千葉
    • 塾 武蔵小杉
    • 塾 センター北
    • 塾 大船
  • 塾 埼玉
    • 塾 北浦和
    • 塾 南浦和
    • 塾 武蔵浦和
    • 塾 与野 上木崎
    • 塾 与野本町
    • 塾 越谷
    • 塾 北越谷
    • 塾 岩槻
    • 塾 大宮
  • 塾 千葉
    • 塾 松戸
    • 塾 稲毛
    • 塾 我孫子
    • 塾 幕張
  • 塾 栃木
    • 塾 宇都宮
  • 塾 茨城
    • 塾 つくば学園の森
    • 塾 つくば大穂
  • 塾 山梨
    • 塾 甲府
  • 塾 愛知
    • 塾 半田宮池
  • 塾 大阪
    • 塾 千林

資料請求

ページ上部へ戻る

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業