塾ノーバス-与野本町校

お知らせ【勉強・受験 情報】

RSS1.0RSS-更新情報

定期テスト国語の勉強法

こんにちは。ノーバスの沙魚川です。


今日は国語の定期テストの勉強法を伝授致します。


いまいち勉強の仕方がわからない、国語なんてセンスでしょ、と言われることが多い教科ですが、定期テストだけに限定するならば誰でも短期的に成果を上げることができます。


※ただし、入試問題への対応となると読解のセンスが必要です。センスを養うためには読書習慣をつけることが最も確実な方法です。



私も中学時代国語が苦手で中1、2年生のときは70〜80点程の点数に留まっていたのですが、中3になって以下の方法で勉強した結果、安定して90点以上の点数がとれるようになりました。




【ステップ@ 20点⇒40点】




中学校の国語の定期テストの勉強には段階があります。

現在30点以下の中学生は、まず漢字練習から始めましょう


 また普段平均点前後はとれている生徒も漢字で取りこぼしていることは多いです。漢字は是非全問正解して貰って点数を底上げして下さい。


中学1年生のテストにも2年生のテストにも必ずテスト範囲には必ず漢字が入っていると思います。ここを完璧にして下さい。


多くの学校で漢字は10〜30点ほどのウェイトを占めています。

ただ覚えるだけで点数が取れる漢字は、やらないと損です。


また作者作品名などの知識問題も覚えないと損です。


漢字を覚えるときのコツとして、読みと書きの両方を覚えると良いです。


これは定期テストでも入試問題でも同じです。




【漢字を覚えるときのポイント】


@単語カードを使う



漢字ドリルなどを見ながら直接ノートに書いて覚えていくのもいいですが、単語カードを使って覚えていくと、より効率的より短時間で覚えられます。カードを作るときに気を付けてほしいのは、テスト範囲の漢字をそのまま全てカードにしないことです。一度ドリルを解いてみて書けなかったものだけをカードにしてまとめて下さい。



A書くよりもテスト



ひたすらノートに書いて覚えていくのもいいですが、1度書いたらすぐにテストをして、できなかった漢字のみもう一度書いて再びテスト。こういったリズムで勉強したほうが早く覚えられます。




教科書の音読をすると国語の点数がアップする!



【ステップA 40点⇒60点】



勉強時間を割いているのになかなか成績が上がらない。そんな生徒に多いのが、音読をしていないという特徴です。



国語のテストって、


1.次の文章の( )に当てはまる接続詞を答えなさい。

2.次の文章の( )に当てはまる言葉を書きなさい。

という問題が結構出ると思います。


この問題を解くための最も簡単な方法は、頭の中に教科書の文章をそのまま叩き込むことです。


頭に入れる上で最も簡単な勉強法は音読です。

騙されたと思って毎日のように音読をしてみてください。テスト範囲の文章すべてを音読しても1日30分はかかりません。


60点までは簡単に点数を上げられますよ。


ただしこの方法は中間テストと期末テストでしか使えない方法で、高校入試の場合は若干勉強方法が異なりますので、注意して下さい。




【音読をするときのポイント】




@毎日の積み重ねで音読をする



音読をするときのポイントは、長期的に計画を立ててやっていくことです。

1日10回を3日間かけて30回音読するのではなく、1日2回を15日間かけて30回音読したほうが、頭に入りやすいです。



A黙読ではダメな理由



音読が嫌いな中学生の場合、どうしても黙読をしようとしてしまうのですがこれはダメです。なぜなら黙読は目しか使わないので頭に残らないからです。音読は口と耳も使うのでより記憶に残りやすくなります!



中学校の国語の問題集を覚えると点数がアップする!



ステップB 60点⇒80点】


教科書の文章を音読したら、ある程度は頭の中に本文が入っていると思います。



ただ、次のような問題…

3.下線部の言葉について作者の考えに近いものを、

次のア〜エの中から選び、記号で答えなさい。

こんな問題が出るかと思います。



定期テストでは、こういう問題が当たり前に出るのですが、私はこういった問題を見るといつも思うことがあります。


作者の気持ちなんて作者にしかわからないですよ!!と。笑


実はこの問題は先生が考えているのではなく、プリントや問題集からそのまま持ってきています。

※先生が作者の気持ちを理解できたらすごいですしね。



ですから、プリントや問題集の答えをそのまま覚えることで、簡単に解けてしまいます。

これで80点までは点数を上げられます。




【学校の問題集を解く時のポイント】



@覚えるのではなくやり方をマスターする



学校の問題集の答えを覚えましょう!と言うと、どうしても答えをそのまま覚えてしまう子がいます。しかしこの方法を使っても点数は上がりません!答えを覚えるのではなくきちんとやり方や理由まで覚えましょう。


A1回で覚えられると思ったら大間違い!



よく「1回問題を解いたのですが覚えられない」と悩んでいる中学生がいるのですがこれは当たり前です。人間と言うのは繰り返し繰り返し問題集を解くことでようやく頭に入るようになります。最低3回解きましょう!





文法問題と長文読解力をアップさせて高得点を狙おう!



【ステップC 80点⇒95点】



もしあなたが国語の定期テストで、どうしても90点以上を狙いたいと思ったら、何でも良いので問題集を1冊購入してきてください。塾で配布している練習プリントをやり込んでも構いません。


その問題集を使って文法問題と長文読解力を付けていくと一気に90点を超えられるようになります!


基本的に中学国語の定期テストと言うのは、学校で習ったところから出題されます。

ステップ1からステップ3の方法を実践すれば、学校で習ったところは完璧にマスターできるのです。


その勉強に加えて、ステップ4の勉強方法で、文法を解く力と長文を解く力の応用力を付けていくことで、一気に90点の大台に乗せることが可能になります!


特に、品詞の分類や倒置法などの活用技法は、学校の問題集を1度解いただけで、すぐに理解できるものではありません


他の問題集の練習問題をしっかりと解いていくことで、初めて解き方の根本的な考え方が理解できるので、できるだけこの勉強方法で応用力を付けてください。


また文法力と長文読解力は、大学入試にもつながる力ですので、今しっかりやっておいても損はないと思います!

勉強・受験 情報 [2018-06-02]

市立浦和中、伊奈学園中、市立大宮国際中の受験を考えている方へ

こんにちは。ノーバスの沙魚川(はせがわ)です。

小学生の保護者の方から中学校受験に関するご相談を受ける機会が増えてきました。
とりわけ、公立高校の附属中学校の市立浦和中と伊奈学園中、それから新設の大宮国際中の受験に関するご相談が多いです。

埼玉県内の学校で公立中学校受験と言えば、一昔前であれば埼玉大学附属中学校だけでした。しかし、近年になって附属高校のない埼玉大附属中学校よりも附属高校があり、また進学実績も申し分ない市立浦和中学校と伊奈学園中学校の人気が高くなっています。
また私立の中高一貫校に比べて学費も安い分、受験を検討しやすい側面もあります。

では、公立の中高一貫校への合格を目指すために必要な条件は何でしょう?


○子どもが自ら受験をしたいと思うこと


れは公立の中高一貫校受験だけに限ったことではなく、中学校受験すべてにおいて最も大事な条件です。お子さんが自ら○○中学校で勉強したい!という意思がないと受験は上手くいきません。保護者の方の気持ちだけがいくら昂ぶっていても、お子さんが白けていたり、「仲のいい友達と近所の近くの中学に行きたい」と望んだりしていては、受験勉強に向かわせることはできません。ですからまず受験をする前に、お子さんと十分にコミュニケーションをとって下さい。もちろん親御さんが何も促さなくてもお子さんが受験したいと主体的であれば問題はないのですが、受験に対して消極的な場合は、親御さんがお子さんを受験したいと思わせるように仕向けることから始めないといけません。例えば中学校の文化祭などの学校イベントに親子で足を運んでみるのも一つの手です。


○学力面の条件は?


受験の世界で学力を計る指標は「偏差値」ですが、公立中学校の場合は「首都圏模試」や「四谷大塚模試」の偏差値はあまり参考になりません。私立中学校受験の場合、暗記一辺倒の対策、いわゆる「詰め込み型」の学習でも合格できる学校はかなりの数あります。「知識」さえあれば解けてしまう問題が毎年一定の割合で出題され、算数も「解法パターン」さえ覚えていればできてしまう問題ばかりという私立中学校も少なくありません。もちろん、高度な思考力を要求される問題が出題されないことはないですが、それが解けるか解けないかが合否の分かれ目になる中学校というのは一握りに過ぎないのです。
一方、公立の中高一貫校受験で求められる学力は、私立中学校がもとめるものと少し違います。以下に出題傾向を記します。
・理数系の科目は解法パターンが定まった問題の出題が私立に比べて少ないですが、難関私立が出題するような高度な発想力や計算力を必要とする問題はほとんど出題されていません。
・記述問題がとにかく多く、知識だけを書いて得点できる問題がほとんど出題されていません。
・必要な知識は小学校の教科書レベルから大きく逸脱していません。基本的な知識を使って「分析」し、分析した結果を採点官にきちんと伝える「記述力」が合否の決め手になります。
以上を踏まえると、@基本的な最低限の知識Aそれを使って「思考」し「分析」することができる力B第三者にわかりやすい言葉で伝える記述力
が公立の中高一貫校合格に必要な学力になります。

○受験の準備はいつから始めればいいのか?


これもよくご相談されることなのですが、早すぎるに越したことはありません。しかし「小学校6年生の今からでは絶対無理ですか?」と言われると、無理ということはありません(挑戦できるところまでお子さんを導くことはできます)。現状でしっかりした記述力があれば可能性はあります(しっかりした記述力とは、正しい日本語が運用できていて、何を伝えるにしても客観的な根拠を示せ、主観的になっていない文章が書ける力のことです)。「知識」は時間さえかければ覚えることができますし、「思考力」「分析力」も解説を聞き、また問題慣れすることで比較的速く向上させることができます。最も養成に時間と手間がかかるのが記述力なのです。また最も独学で養成しにくいのも記述力なのです。書いてもらった文章に朱を入れてもらい、なぜ「これだと上手く伝わらないのか」ということを指摘され、それを訂正していきます。この作業を何度も何度も繰り返しながら記述力というのは向上していきます。例外的に普段から読書をよくする子(1週間に1冊以上の読書週間のある子)は、記述力の向上が速いです。普段から正しい上手な日本語の文章を浴びていて、自分が書いた文章を読み直したときに「違和」を感じやすいため、文章の自己修正できるからです。読書週間のあまりない子で公立中高一貫校を目指すのであれば、できれば遅くても5年生になるまでに受験準備を開始したいですね。


○記述力は一生役に立つ力


公立中受験で最も得点に直結する記述力ですが、これは一生役に立つ力です。

第1に勉強や受験で役に立ちます。中学校で学習する「証明」という単元は、記述力がなければ点数を貰える答案がかけません。また大学受験まで目を向けると世間一般的に一流と言われ大学のほとんどが(国立大学であれば全てが)記述問題しか出題されません。答えが正解していても、それを導くプロセスが説明できていないと点数がもらえないのです。いくら計算力と思考力があっても記述力がないと1点ももらえないのです。

第2に社会人になったときに役立ちます。仕事をするとき、物事の多くは文書によって提案し、決定が下されます。いくら優れたアイディアがあり、口でそれを伝えることができても文章の形にできなければ実現することができなくなり、成功のチャンスを失うことになってしまいます。

受験はどれだけ高い偏差値をとったとしても100%合格が保証されるものではありません。特に公立中学校は近年知名度も高まって倍率が高騰しています。
しかし、「合格したい」という気持ちがあるのなら、倍率や可能性を気にせず挑戦して欲しいと思います。
弛まぬ努力を続ければ合格の可能性は自然と高まってきますし、目先の受験だけではなく、生涯にわたって活躍するための武器を人生の早い段階で手に入れるチャンスにもなるのです。



受験に関するご相談は随時受け付けております。
ご相談がありましたらお問い合わせください。

TEL 048−859−7137 加藤 または 沙魚川(はせがわ) まで

勉強・受験 情報 [2018-05-25]

公立高校入試結果が発表されました。

皆さんこんばんは。
個別指導塾ノーバス与野本町校の高木です。
先日9日に、埼玉県立高校入試の結果発表がありました。

埼玉県公立高校に3万8804人が合格されました。おめでとうございます。ノーバスにも報告をしに、多くの生徒が来てくれました。受験勉強、お疲れ様でした。


受かった生徒落ちた生徒もいるかと思います。
公立高校入試全体の倍率は1.16倍となり、前年の1.21倍より低く推移していました。
一方で、与野本町校近隣のさいたま市内の高校は、依然倍率が高いのが現状です。
交通の便が良い高校や都市部の高校に人気が集中しております。この傾向は、来年度もみられるでしょう。


一方、倍率が、1.0倍以下の高校もあります。
専門科や定時制が多いのが特徴ですが、近隣の全日制普通科の高校では、上尾橘、岩槻北陵が倍率1をきっており、欠員募集をおこなっております。
詳しくは県のHP(http://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/nyuushi.html)の「平成30年度入学者選抜欠員補充日程等」をご覧ください。
高校名、募集人数、出願時期などが掲載されております。
今年は、3月14日以降からの出願になり、19日以降に試験を行います。


この時期、説明会や面談を通して、中1・中2のご家庭や本人にも説明しておりますが、ぜひとも高校入試のニュースはご覧ください。
まだまだ先の話と思ってるとあっという間に入試の日が来てしまいます。
平成31年公立高校入試まで、あと354日です。
春休みもしっかりと勉強していきましょう!

高木

勉強・受験 情報 [2018-03-10]

【現中3】公立高校の12/15時点の進学希望倍率

皆さんこんばんは。
個別指導塾ノーバス与野本町校の高木です。

今月12日に埼玉県HPより、現中3の進学希望倍率等のが発表されました。
平成29年3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査(平成28年12月15日現在)(埼玉県HP)
埼玉県全体の全日制高校への希望倍率は1.21倍となりました。
また、高校進学への希望者は全体の99.2%となっております。

近隣の高校では、南陵高校が2.08倍、蕨高校が2.27倍、与野高校が1.69倍と昨年同時期より高倍率なっております。そのため、今後の志望変更者がでると考えられます。

逆に、春日部高校が1.05倍、大宮西高校が1.54倍、和光国際高校が1.59倍と昨年同時期より低倍率になっております。そのため、今後、志願者増が考えられます。

倍率が1倍以下の募集人員を切っている高校も多くあり、1.6倍以上の高校も多くあるのが現状です。人気校数十校に人気が集中しており、来年以降の高校入試もこのような状況は続くと考えられます。

ここまでくると倍率は関係ない!という人がほとんどですが、倍率に一喜一憂せず、しっかりと勉強して、結果を残していきましょうね。


高木

勉強・受験 情報 [2017-01-14]

<< 次のページ 前のページ >> 一覧を表示

本物個別の夏期講習

顧客満足度3冠の理由

塾長紹介

加藤 香塾長画像
個別指導塾ノーバス
与野本町校

塾長 加藤 香

基本情報

338-0004
埼玉県さいたま市中央区本町西1-1-7入船ビル2F

048-859-7137

カレンダー

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<< >>

トピックス

  • 1対1の夏期講習
  • 私立中高学校情報ガイド
  • 本当の個別指導塾とは?

携帯版与野本町校

QRコード

与野本町校メニュー

お問い合わせ・資料請求

校舎一覧

  • 塾 東京
    • 塾 王子
    • 塾 荏原町 中延
    • 塾 馬込
    • 塾 西武柳沢
    • 塾 東久留米
    • 塾 小平
  • 塾 千葉
    • 塾 武蔵小杉
    • 塾 センター北
    • 塾 大船
  • 塾 埼玉
    • 塾 北浦和
    • 塾 南浦和
    • 塾 武蔵浦和
    • 塾 与野 上木崎
    • 塾 与野本町
    • 塾 越谷
    • 塾 北越谷
    • 塾 岩槻
    • 塾 大宮
  • 塾 千葉
    • 塾 松戸
    • 塾 稲毛
    • 塾 我孫子
    • 塾 幕張
  • 塾 栃木
    • 塾 宇都宮
    • 塾 宇都宮 県庁前通り
  • 塾 茨城
    • 塾 つくば学園の森
    • 塾 つくば大穂
  • 塾 山梨
    • 塾 甲府
  • 塾 愛知
    • 塾 半田宮池
  • 塾 大阪
    • 塾 千林
  • 塾 熊本
    • 塾 尾ノ上

資料請求

ページ上部へ戻る

個別指導塾ノーバス

  • お電話でのお問い合わせ:0120-546-634
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 無料体験授業